FC2ブログ

『震災の二次被害者』








とあるブログからの転載なのですが









昔から実家で犬を飼っている愛犬家の爺メンとしては









この記事を読んで、心が痛まずにはおられず









この現状を広く知って欲しいとの事なので、僕も転載させて頂きます。









【転載】 福島原発20km圏内~30km圏内の現状
某講座のメルマガで紹介されていました。

先日ある受講生の方から、
「被災地の現状をもっと多くの方に知っていただき、広めていただきたい」
というご連絡をいただきました。
ご連絡いただいた受講生の方のご実家は、福島県 浪江町。
浪江町は、今回の震災で事故に見舞われた原子力発電所から半径20km区域内に入っており、避難指示が出た地区です。
避難指示が出た際に、住民の方々の多くは即座の避難を余儀なくされましたが、その際、犬や猫などの動物を飼っている方が自宅に動物を置いていかざるをえない状況であったというのです。
先日のメルマガでもお知らせしたとおり、現状では避難所での動物の受け入れ数が少なかったり、動物の同伴が禁止されているところもあるからです。
「すぐ帰れるかもしれない、けどいつになるかわからない・・・」
この受講生の方のご実家にも愛犬がいたため、苦渋の決断を迫られ結局置いていくことになったそうです。
そして後日、受講生の方は車で愛犬を迎えにいきましたが、そこで見たのは・・・多くの家の庭先や道路にたたずむ犬たち。
この受講生の方は、フードをたくさん持参して、残された犬たちが食べられるように置いてくださっているそうです。

<その時の様子がブログに掲載されています>
ペットシッター・ベリアンさん『福島原発20km圏内~30km圏内の現状』(転載OKとのことです)

この受講生の方がみなさんに伝えたかったこと。
それは、少しでもこういった状況を防ぐために・・・
■この状況を多くの方に知ってもらえるようにブログ記事を転載してほしい
■避難所で、動物を受け入れる体制が整えられるよう呼びかけてほしい
■動物愛護団体などのうち、一時的に動物を預かってくれるところもあるので、そういったサービスがあることを飼い主さんに知ってほしい
ということです。

一匹でも多くの命が助かり、家族のもとに帰ることができますように。









上記の 『福島原発20km圏内~30km圏内の現状』をクリックして現状を見てみてください。











スポンサーサイト



プロフィール

爺メン

Author:爺メン
Sex:男性
Live:石川県

ねらえ!ジャスト5秒!!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
976位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
123位
アクセスランキングを見る>>
遊びに来てくれた人
お店検索(過去の記事から)
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
どれか1つ押してって~
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR